2018年7月17日火曜日

涙と悔しさの琉球戦

秋田 0-1 琉球

J3リーグ後半戦最初の一戦の前に、秋田に衝撃的なニュースが舞い込む。
杉山監督解任・・・
杉山さんに関しての所感はこちら 

解任の報から時を待たずして、熱血漢・間瀬秀一の就任である。
杉山さんへの申し訳なさや寂しさもある一方で、スタジアムに関して秋田のふがいない状況から秋田を離れざるを得なかった間瀬さんとまた苦楽を共にできるという嬉しさは隠しきれなかった。
全秋田が注目したvs琉球戦のスタメンはこちら。


なるほど、間瀬流にはこういうスタメンになるのか・・・
試合前日に練習を見に行ったけど、監督変わると練習内容も変わるな~と、間瀬さん帰ってきたなと、しみじみ感じたわけです。

さて、もはやジンクスもなんも関係ないけど、スタグル(サミットさんのフリッツ、美味しくてハマりました)を食べる。
この日は気温こそ30度いかなかったが、蒸し暑い!

チームバス迎え応援。
いつになく気合がみなぎる。
まさか「間瀬ブラウ」コールがもう一度できるとは・・・
試合はというと、結果として終了間際の失点で0-1敗戦
なんとも間瀬監督らしい負け方。
この試合、会場の雰囲気も応援もとてもいい雰囲気で、選手たちもアジリティあふれる攻撃的なサッカー
良いところがかなり多かった試合だけに、敗戦のショックは堪える。
これだけの試合をしても、これだけ皆頑張っても勝てないのかと、正直かなりの失望感がある。
ただ琉球も終了間際に3人ゴール前に飛び込める体力があるっていうのはさすがでした。
弱いチームのガムシャラ感と、勝っているチームの自信、この2つがせめぎ合う戦いでしたが、最後は自信が勝ったということ。

ただ、杉山さんではありえない攻撃のアイデアや、裏への抜け出し、ワクワクする展開が随所にあったのは事実。
あ~、間瀬監督が帰ってきたんだなと感動してしまった。

間瀬さんもこの試合には思うところあったようで、目を赤くして試合終了後の会見で想いを語ってます。
必読です。



さて、この敗戦でますますJ2は遠くなりました。
ただ、リーグ戦はまだまだ続きます。
このサッカーが完成し、最強の秋田でJ2昇格ができるワクワク感を感じてあきらめずに応援していきます。

次はアウェイ長野での一戦です。
Never Give UP AKITA! 

2018年7月9日月曜日

今年3度目の逆転負けにため息

秋田 1-2 相模原

そういえば、鹿児島戦後の記事書いてたと思ったら書いてなかった。
お休みもあったので、ずいぶん久しぶりなブログ更新

さて、藤枝戦での勝利を経て、さあこれからという大一番・鹿児島戦では先制しながらも引き分け。
一週間お休みをもらっての、ホーム相模原戦。
ホームでの相模原戦は一度も負けたことがないカード(ただし、逆にアウェイ戦では勝ったことがない。)
全国的には歴史的大雨で大変な一週間だったが、秋田県内は梅雨前線より上にあったので日曜日はそこまで雨は降らなかった。
午前から徐々に降水確率が下がっていく予報だったが、結果的に午後も降ったり止んだりで忙しい天気に。

この日はT-BOLANのミニライブが試合開始前に行われた。
30代以上の方にとっては絶対聴いたことがあるだろう彼らの来秋を心待ちにしていた人も多かったのでは?
この日はヴォーカルの森友さん、ギターの五味さんが来てくれたのだが、「離したくはない」「じれったい愛」「SHAKE IT」の代表曲をまさかのフルコーラスで演奏!
時にはゴール裏に煽りに来たり、広いピッチを使ってまさにプロらしいクオリティのミニライブ。
「離したくはない」では会場の大合唱もあったりで、試合前にかなり満足感が湧き上がる(笑)

さて試合はというと、ホガンの復帰と藤田・古田のスタメンでお休み前とは違った布陣に。
前半は相変わらず良かった。
時折相模原にセットプレーで危ない場面を作られるも、試合は若干秋田ペースで進み、藤山のゴールで先制に成功する。
後半の最初も、うちの猛攻でここまでで2点目3点目を取れていればよかった。
相模原はフォワード2枚替えで一気に流れを引き寄せ、あれよあれよという間に逆転。
うちは交代カードを切るも流れは戻ることはなく・・・
今年3度目の逆転負け。
ちなみに、最後に逆転勝ちしたのは2016年のホーム相模原戦だったかな?
もう2年以上逆転勝ち見てないんだよね。
逆転負けは何度も見せられるのに・・・つらーーー
逆境を跳ね返せるチームではないんだよな~。

試合終了後に相模原からブラウブリッツコール・・・
気持ちはありがたいが、勝った側からコールすると誤解されるで(松本山雅のように)。

これで2018年の前半戦が終了。
勝ち点は21で、去年の後半戦で獲得した24に至らず。
後半戦はもう連戦連勝ぐらいじゃないととても優勝はできないと思うし、J2で活躍できる姿を感じさせることがない現状では、たとえ昇格してもどうなのという気もしないでもない。
まあ、サッカーは良いシーズンもあれば悪いシーズンの繰り返しだ。
2015年までのような、目指せ連敗脱出!というところに喜びを見出すのもなかなか面白い。
この日のように、T-BOLANのミニライブで負けても楽しかったと思える試合もあるわけだし、日常のサッカーを楽しんでいこうと思う。
(注;終戦宣言ではありません)

さて、来週は首位・琉球戦(月曜日開催です)。
ボッコボコにされそうだし、勝つイメージも全くないですが、良いプレーに期待しながら応援しますか。

2018年6月18日月曜日

鬼門で勝利!vs藤枝

藤枝 0-1 秋田

前節では内容は悪くないものの、決め手に欠いてホームでスコアレスドロー
そろそろ勝利の踊りをしたい・・・

秋田を金曜日の夜に出て、途中、高速の分岐で間違うトラブルもあったけど、無事、長野~山梨経由で静岡県に突入
毎度思うけど、山梨や静岡の河川は川が広くて雄大
この時期は水が少なくて、岩だらけだけど、雨が降ると一気に増水するんだろうなぁ。

去年の11月以来の藤枝総合グラウンド
あの0-3という優勝に向けて心が折れそうになった完敗からまだ1年経ってないけど、ずいぶん前のような気がする。
もつカレー丼を食べて腹ごしらえ。
藤枝だし、サポーターも少数精鋭かなと思いきや、結局50人くらい来たのかな?
驚いた。

試合は球際でらしさを見せた秋田が中盤で優位にすすめるが、シュートの一歩前の局面でカットされる場面が多かった。
藤枝も、長短のパスを使い分けたスピーディーな展開で秋田ゴールまで迫る。
藤枝はシュートまでいけてる印象が強かった。

秋田の先制点は意外なところから。
いつもは何も起こらないロングスローから、ペナルティエリア内の競り合いでファールがあったことでPK獲得。
田中がきっちり決める。
ロングスローが得点に絡んだことって、前にもあったか?ってぐらい意外。
(ハイライト確認したら、ロングスローとみせかけてショートスローインからのクロスでしたね。新しい形!)
その後は、審判への不満でイライラ気味の藤枝ベンチと選手たちにも助けられ、競り合いでは田中が次々にファールを獲得。
ボール奪取からのショートカウンター等でチャンスを作るも2点目は取れず。
ただ、ディフェンスは安定していた。
無失点で抑えて、2015年の4月29日に藤枝に勝って以来、ずっと負けていた敵地で貴重な勝利!

我慢我慢の展開の末の勝利に、涙するサポーターも(笑)
久しぶりの秋田オレオレはみんな楽しそうだった!

追加点が取れず、イライラする展開だったけど、この試合で選手たちが自信を深めたのでは。
ボールに向けて複数の選手がゴリゴリアタックしていくパワフルな試合は元気が出る。
攻撃は今後、どんどん精度が上がっていくと思う。

帰りは山梨の温泉でゆっくりしてから岐路に。
温泉のおかげで、腰の調子も良好。

さあ、次はホームで秋田オレオレしよう。
相手は首位の鹿児島ユナイテッドFC
2016年のときはホームで『無敗秋田は鹿児島が止める』のスローガンの前に屈したけど、今回は逆に『首位鹿児島を秋田が止める』
今週末もがんばりましょー!

2018年6月11日月曜日

とりあえず連敗脱出vsFC東京U23

秋田 0-0 FC東京U23

さすがに今日負けるとやばいぞ・・・と思って迎えたFC東京U23戦
ワールドカップそっちのけで、気になるのは我等がブラウブリッツ。
この日から試合時間が15時キックオフに。
時間間違えて早めに来ちゃった人もいたとかいないとか。

この日にお目見えした『秋田の屋根つきシート』
雨除けではなく、紫外線除けシートになってしまったが、これはこれで需要はあるだろうよ。

バス迎え応援
相変わらずみんな気合が入ってる。
今日もやるぞって気持ちになるね。
秋田の到着の前に、FC東京のバスが来たが、日本全土が注目の久保くんがAスタ初上陸
ようこそ秋田へ!
来年はバルセロナに行って、20年後くらいに秋田に移籍してきてね(笑)

さて、鳥取戦はこれまでになく戦えてなかった試合だったが、先週とは明らかに違う。
来週ラインの押し上げ、選手達の密度、DAZNで見直すと見違えるようである。
試合開始直後は東京の矢島と原に良いようにやられたが、清水がしっかりセーブして流れを徐々に取り戻す。
ゴールは決まらなかったものの、秋田らしく中盤では果敢に体を張り、攻撃のバリエーションも増えた。
ただ、余計なミスや何も考えずに前線にロングパスを送るシーンもあり、まだまだだなと。
ただ、さすが杉山監督は修正能力はあると思った。
小川君のいないFC東京なら勝ちたいところだったが、今の状況では力不足だろう。
でも!次からは絶対に勝つ!

来週はアウェイで藤枝戦。
来れる方は限られるでしょうが、諦めずに戦い続ければ必ず頂上は見えてくる。



2018年6月4日月曜日

完敗鳥取戦

鳥取 2-0 秋田

前節、Aスタで長野に衝撃的な逆転負け、そして天皇杯1回戦で市原に負け、と勝ち星から見放されているわれら。
そんな状況でここ最近調子を落としている鳥取とアウェイで対戦。
結果、内容ともに完敗・・・

鳥取はフォーメーションをこの秋田戦で変更し、5バックで自陣に引いて守ってカウンターという戦術に切り替えてきた。
正直、ここまで引いてくるとは想定外だった。
だから、ボールは結構持てているのだが、とにかく攻め手がない。
こういう試合は絶対に失点しないことがセオリーだが、前半にたやすく失点。
後半もただただボールを持たされる場面が続き、ここぞという場面で一気に攻め立てる鳥取に追加点を許す。
秋田の攻撃といえば、ボールを長く保持して遠いサイドからセンタリングを放り込むが、時間をかけた分だけ鳥取の守備も整っており、容易くクリアされる。
後半はシュート0本
鳥取の変化に対応できずにただただ90分を消費した。
久富の復帰は喜ばしい。
平石の先発起用は良くも悪くもありって感じか。

勝ち負け関係なく、ここ最近の試合は元気がない。
誰も元気をもらえない。
ただ、なにかひとつ変われば屈強なチームに変わりそうな気もする。
もどかしい。

この日は久しぶりにアウェイに行かず、ZOTでサポ仲間と観戦した。
前半の田中のシュートシーン以外は険しい雰囲気だった。
いつもなら、結構ワイワイやってると思うんだけど、さすがにこの試合内容では誰も笑えない楽しめない。
少なくとも、楽しめる試合をしよう、頑張ろう。

なお、この試合の翌日に、NHK総合でブラウブリッツ秋田のドキュメンタリー番組が朝6:15分から放送された。
4月に秋田ローカル版で放送された内容の拡張版だ。
全国から「感動した」「泣いた」という意見が相次いだが、個人的にはそういう類の番組ではないと思っていたので正直驚いた。
自分の応援しているチームが、その状況が、人を感動させる類のものだったなんて。
知らずに応援していた。
いや、もしかしたら自分はスゲーカッコイイチームを応援しているのかもしれない・・・

さて、今週末は苦手意識のあるFC東京U23戦
去年、後半ロスタイムに逆転負けした記憶が生暖かい。
苦しい状況だけど、ホームゲームは本来楽しいもの。
楽しい時間だということを忘れないで応援に行こうと思います。
選手から元気をもらい、選手に元気を与える応援をしようよ。


2018年5月28日月曜日

天皇杯1回戦敗退

秋田 0-1 市原

この日は日差しがあって暖かそうだったが、風が強くて気温より寒く感じる日となった。

対戦相手は関東リーグ1部に所属し、リーグ戦では現在首位のVONDS市原
選手達は元J1~J3所属だったりして、地域リーグでは3本の指に入る強豪チーム。
去年は残念ながらJFLに昇格できなかったが、かなり力のあるチームだ。
元BB戦士の峯も在籍している。
チームには専用の練習ピッチもあったり、チームバスもあったりで、相当力のあるチームだと思う。
勢いのあるチームは侮れないので、こちらのスタメン次第では負けることもあるとは思っていた。
実際、チーム力は相当なもので、やはり強かった(笑)

そして杉山監督は「ベストメンバー」とは言いつつも、「リーグ戦ではなかなか出番がない」選手達を先発起用。
そして、VONDSにチーム力で劣って負けてしまったわけだ。
正直、チームとしての完成度は未熟(とはいえ、相手があるものだから未熟かどうかはわからない)。
内容は良くもなく、悪くもなく無難な試合といった印象。
天皇杯は2年連続の1回戦敗退。
2回戦のJ1柏レイソル戦を楽しみにしていた秋田サポも多かったので、残念な結果ではある。
ただ、チームとサポーターの遠征費と時間に余裕ができた。
(柏戦が入れば、鳥取戦とFC東京U23戦の間の水曜日に戦うことになり、過密日程となるはずだった。)

リーグカップ戦である天皇杯はチームによっては難しいトーナメントだと思う。
ACL出場や賞金をもらえる順位になればいいが、下部リーグのチームにとっては可能性はとても低い。
過去にHONDA FCやAC長野が勝ち進んだこともあり、勝つことで名誉はもらえる。
また、J1チームと戦うことで下位カテゴリのチームも注目される。
しかしながら、昇格を目指すJFL~J2のチームにとっては、天皇杯よりも昇格がかかるリーグ戦の結果の方を重視するのは理解できる。
勝ち進むことで日程は厳しくなる。
こういった悩みはイングランドFAカップ等の有名リーグでも同様だという声もある。
我々ブラウブリッツの目標はJ3優勝であり、J2昇格であるのだから、天皇杯の意義は普段リーグ戦で出番のない選手達が経験を積める機会と考えても妥当だと思っている。
(あくまで個人としての考えです。)
かといって、今回のように1回戦で下部カテゴリのチームに負けると、ネガティブなことを言われる。
我々は何を目指して天皇杯を戦うのか、毎年深く考えさせられる。

このサブチーム(差別化するためにこういう言い方をする)が勝ち進むことで、J1と戦うことは素晴らしいことだ。
チーム力の向上にもなる。
今年も、そのサブチームが関東リーグのチームに力負けした、力がなかった、それがわかったことを収穫とするなら、良いことなのかもしれない。

ゴール裏の雰囲気はみな楽しんで応援していたし、良い雰囲気だっただけに残念な結果だった。
普段リーグ戦に出れない選手達もかなり力のある選手だと思っているし、こういう機会でアピールする結果を残せなかったのは無念としか言い様がない。
これで公式戦3試合勝ちなしです。

柏レイソルと戦うのはVONDS市原さんの方がふさわしいと思う。
良いチームでした。
JFL昇格めざして頑張れ!

遊馬は試合終了後に救急車で運ばれたようだが、大事には至らず・・・
よかった。
遊馬は最近調子がいいので、離れられると困る。
ベンチのメンバーの練成には今年もかなり苦労するなぁ。

土曜日にはアウェイで鳥取戦があります。
行けない人も大勢いると思いますが、応援よろしくお願いします。

2018年5月20日日曜日

悔しすぎて長野戦

秋田 1-2 長野

カノッサの屈辱
世界史を勉強していて憤死(怒りのうちに死ぬこと)ってなんで死ぬんだって思ったんだけど、今日の試合でその気持ちが多少わかった気がする。

今週は県内は豪雨災害があったりして大変な週だった。
そんななかで、ものすごく久しぶりに快晴の下でのホームゲーム。
前日にはボランティアの方々ががんばって会場の準備をしてくれたようで頭が下がる。
いろんな思いの中、ホームゲームは開催されてるんだなと。

今日は小学生年代の開会式があったので、子供たちが多かった。
選手バス迎えでの声だし応援はみんな声がよく出ていて気合が入った。
スタグルも多くて、何を買おうか迷った。
ゴール裏ではピクニックする家族もいたし、小学生達が積極的に応援に参加してくれた。
チャントではサポーター思い思いの振り付けで、すごく楽しんでいた。
こちらの良いプレー毎に反応する観客。
そんな雰囲気のいい会場でサッカーが観れるのは楽しくてしょうがない。
これが秋田のホームゲームなのだ!

長野戦はホームゲームで一度も勝てたことがない。
というか、長野には通算で一回しか勝ったことがない。
長野の順位なんて知らないし、どんなチーム状況であろうと長野は長野。
絶対に勝ちたい相手だ。
ジャッジのクオリティの問題もあるが、結果は悔しい逆転負け。
しかも、4分のアディショナルタイムに90+6分でゴールを決められると同時にタイムアップ。
サッカーの神様はこと秋田戦に関しては長野に優しい。
もちろん、盛岡戦と同じ形で、チャンスを逸した後の失点は何も変わってないというか、そこは変えてはいけないのか、複雑な失点だが。
でもなぜ、長野戦のタイミングでこのジャッジ、この逆転負けなのか・・・
グレゴリウス7世の気持ちが今ならわかる。
長野サポーターにとって秋田に遠征することは楽しくてしょうがないだろう。

遊馬の先制点はすばらしかった。
J3ホーム100得点目に相応しいゴールで、藤山のアシストも息がピッタリ。

試合終了後の選手たちの顔にも悲壮感は隠し切れなった。
泣いている選手もいたし。
また前を向いて戦ってほしい。

来週は天皇杯でVONDS市原と対戦。
翌週はアウェイで鳥取戦です。
最後に笑うのは我々秋田です。
がんばりましょう!
(テンション低めの記事ですいません。これが今のテンションです。)